若狭名水の旅

名水スポット

観音霊水(若狭町三方)

三方石観世音から、林道を200m程上がった所に取水設備を設け、祠を建て祀り景観を整えています。
昔区民は区の共有林から一年中の燃料として規定の薪を切り出すことが許されていました。その作業の一服場所として通称「梨の木」と言われる場所に清涼な水が沸いていてのどを潤し弁当を食べたそうです。この水は遠く藤井の向陽寺谷からここに湧き出していると伝えられています。
今では石観世音の参拝者だけでなく、雲谷山から下山する人にも潤いを与えています。




名水を活かしたまちづくり実行委員会