若狭名水の旅

名水スポット

観音霊水(若狭町三方)

観音川の清流に沿った静かな参道をしばらく歩くと、三方石観世音にたどり着きます。
この辺りには山の気配が漂い、春はしだれ桜夏は新緑、秋は紅葉が美しいことで知られています。
御本尊の聖観世音菩薩は弘法大師が一夜にして大きな花崗岩に刻まれ その際、朝を告げる鶏の声に右手首より先を刻まずして下山された故に片手観音とも伝えられています。

御本尊の聖観世音菩薩は秘仏です。
本堂内には信者の寄進された提灯が所狭しと吊り下げられています。
昔からこの観世音様には手足の不自由な人々の信仰が厚く、御手足堂には観世音菩薩の功徳 に感謝して御手足型や松葉杖、ギブス等が山のように奉納されています。
病んでいる部分の御手足型を借り受けた後、南無大慈大悲石観世音菩薩と唱えて病気回復を祈願します。 病が治りましたら御手足型を事務所へお返し頂き、その時に代金をお支払い下さい。




名水を活かしたまちづくり実行委員会