若狭名水の旅

名水スポット

宝鏡の瀧(権現の瀧)(若狭町神谷)

醍醐帝の治世、信濃(今の長野県)の国の住人、望月三郎兼家(後の甲賀三郎)が高懸山に拠る強賊を誅伐した武勇談。又社寺由諸記に「此の山には、昔鬼神住み申候に付源頼光相手に御下り被成候面此権現へ祈誓御懸され候へば願成就被成故当社は即ち頼光建立と申し伝え候云々」と記録されている。




名水を活かしたまちづくり実行委員会